×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

枕の正しい選び方!

枕ほど個人差が出てくるツールはありません。一人一人の体型、寝姿、年齢、そして肌ざわりの好み。色、柄、雰囲気の趣向。皆それぞれ違います。良い枕とは 男女の仲と似ていて、「相性」が合うか合わないかという感覚の世界になりそうです。そうはいっても良い枕に巡りあえず、悩みをお持ちの方が多くいらっしゃ るのも事実です。そこで、どうすれば良い枕と出会えるのか、枕選びのためのアドバイスを少々したいと思います。
良い枕選びの四つの条件とは・・・?
1.眠るとき、ピタリと気持ち良く決まる2.寝返りしやすく、通気性が良い3.朝すっきり目覚め、枕のことは忘れている4.洗濯しやすく、清潔を保てる
一般的に枕が合わない時の現象は、肩凝りと浅眠です。枕が気になって、なかなか寝つけないこともよくあります。
では、良い枕を探すためには、具体的にどのようなポイントからみていけばよいのでしょうか。

具体的な良い枕選びのポイントについて!

枕の合わない第一の原因は高さです。高さこそは枕の生命といっても言い過ぎではありません。どんなに高価な枕でも本人の自然な体位をキープできるちょうど よい高さでなければ十分な睡眠を得ることができません。適当な高さとは、端的にいえば首筋をやさしく気持ち良く支えてくれるだけの高さです。平均的な男性 で4cm、女性で3cmですが、本人が自然に立っている姿に近い寝姿勢を保てる高さにします。
硬さは、素材や素材の充填量によっても異なりますので、まず頭をのせ、動かしてみて気持ちよく眠れそうかどうか確かめることをおすすめします。
使い慣れた枕でも不潔なものはやはり安眠の妨げになります。枕を清潔に保つためにはまず第一に枕カバーをまめに洗濯することです。フケや皮脂をつけたたままにしておくと、ダニなどが寄ってきますが、ほとんどのダニは洗濯で洗い流せます。最近では、 低反発ウレタン素材を使った枕、低反発枕が、 頭や首の形にフィットするので疲れづらいと言われてブームになってます。その低反発枕の選び方についてアドバイスしたいと思います。

実際にモニターや購入してみて、低反発枕を実際に選んでみました!!

最近では低反発枕をお店で多くお見掛けするようになりましたね。低反発枕が一種のブームになったため、安価で販売されているものの中には粗悪な品も散見されるので注意が必要です。だからどれを買ったらいいのかわからない!ということがありませんか?そこで私は、実際に10種類ぐらいの低反発枕を購入またはモニターにて試してみました。
結果はテンピュールが一番だったのですが、なぜ、テンピュールが一番かというと、反発力に優れているからなのです。テンピュール以外に反発力の強いのもありますが、低反発枕の素材のウレタンの密度や製法に違いがあるようです。テンピュール以外でも、反発力の強い枕も多々ありますが、反発力が強すぎて、かえって首を痛める結果になってしまいました。また、3,000円未満の枕は反発力に欠け、ウレタンの密度も低く、首を支え、首の湾曲形成という点でも、やや問題があろうかと思われます。
また、テンピュールに関しましても、私が使用した限りでは、男性で2年半〜3年の間に新しいのと買い換えるのがいいと思います。それはなぜかというと、テンピュールにもヘタリはくるのです。テンピュールジャパンでは3年の保障はついていますが、ウレタンの素材、品質にはなんら問題もなく、若干のヘタリは保障の対象外となるようです。是非、テンピュール製の低反発枕を試してみては如何でしょうか?

Copyright © 2008 枕の正しい選び方!